職場(会社)の鍵をなくしたらすぐに報告したほうが良い

私は毎日「あなたと複数の鍵を持っている」多くの人がいると思います。

自宅の鍵、自転車の鍵、車の鍵、企業の鍵などはすべて鍵です。

しかし、これらの鍵の中で、失われた場合の自己責任ではないということは、「企業にとっての鍵」ではないか?

重要なことは、さまざまな「個人情報、持ち出し禁止の秘密、共有財産、安全」などの会社に保存されているため、会社の鍵を失うと重大な状況になると考えられます。

そこで今回は、会社の鍵が紛失した場合や処分の内容をどのように扱うかを紹介します。

「会社の鍵の管理を日常的に委ねられている」または「会社の鍵を誰かに信用したい」という人は、それを参照してください。

最初にボスに連絡してキーを紛失しましょう

キーが重要なので、私は毎日からキーを失わないように注意していると思う。

しかし万が一、会社の鍵を失った場合、誰もが慌てるだろう。

このような場合、どのような対策を講ずるべきですか?

この場合、実行するアクションは、会社キーを紛失した人が「従業員」か「マネージャー」かによって異なります。

「従業員」があなたの会社の鍵を失ったときに何をすべきかで始めましょう。

私の会社の鍵を失った場合、まず何をすべきか・従業員の場合

会社の鍵を紛失した人が従業員だった場合、最初に行うことは、会社の上司に「会社の鍵が失われたという事実」を報告することです。

それを報告するとき、不安から不安定になるかもしれません “私はそれをやった!私はそれをやった!
そして、うまくコミュニケーションできないかもしれません。

そのような場合には、以下の点を整理して、事前にメモ紙に書いてください。

心を落ち着かせて正直に報告することが重要です。

[報告要旨]

1:会社キーの紛失履歴(キーの最終使用日時)・紛失した日時

2:会社の鍵を失う原因(タクシーに乗ったときにあなたの財布に鍵などを預けた)

3:後悔している勇気

4:会社の鍵を紛失しない将来の対策(タクシーから降りるときは、忘れた物があるかどうかを確認する・領収書などを必ず忘れないでください)

このような報告を受けた上司は、国の復興に迅速に対応すべきである。

報告後、会社側に「原稿」の提出を求められる可能性があります。

その場合は、上記の1〜4を要約して誠実さを伝えるように丁寧に書いておくことが重要です。

【何もするべきでない】

私の会社の鍵を失うと、私の心が転倒し、「逃げることができないままに仕上げる方法がない」という考えが私の心に浮かんでくるかもしれません。

たとえば、修理工場などで失われた鍵を簡単に複製できる鍵のタイプであれば、「秘密に複製する」と考えるかもしれませんが、絶対にしないでください

うーん。

会社の鍵が失われたことを隠し、不必要に鍵を会社に複製すると、悪意のある人が鍵を拾って侵入する可能性があります。

それがそうでないとしても、あなたが事実を知った場合、あなたには、「重大な過失」および「隠れた行為」の責任が課せられ、これは回復不能な状況につながる可能性があります。

「悪いことは間違いなく取り除かれる」ということを知って、会社の鍵を失った場合、「迅速かつ正直に」報告するときには、留意しましょう。

遺失物の届出を警察に提出する

あなたの会社の鍵を失った場合、次に行うべきことがあります。

警察に「失礼通知」を提出することです。

私の会社の鍵を失った場合、次に何をするべきか・従業員の場合

1:警察に通知するかどうかあなたの上司に相談してください “紛失の通知”2:「紛失通知」を発行する場合は、最寄りの警察署に連絡し、「紛失通知」を提出してください。

何らかの理由で警察署に行くことができない場合は、電話でもそれを受け入れることができるかもしれませんので、お問い合わせください。

あなたがマネージャーであれば失うことに対応する

一方、あなたが管理職に就いていて、そのキーを管理する立場でそれを失った場合は、取るべき行動を確認しましょう。

会社の鍵が紛失した場合はどうすればよいか・管理職の場合(鍵の管理者)

1:事実を会社のマネージャーに報告する

2:経営者の許可を得た後、鍵交換を手配

会社がテナントを占有している場合は、管理会社が建物全体のキー(主要メーカーおよび主要業者)を指定している可能性があるため、確認が必要です。

私の会社の鍵を紛失した場合、どのような処分を受け取りますか?

従業員が会社の鍵を紛失した場合、「処分の内容は会社から譲渡されるのですか」と「報酬額」は心配しないでください。

対応は職場の就業規則によって異なりますが、一般的な処分例を見てみましょう。

従業員が会社の鍵を紛失した場合、「処分の内容は会社から譲渡されるのですか」と「報酬額」は心配しないでください。

対応は職場の就業規則によって異なりますが、一般的な処分例を見てみましょう。

1:削減

職場の雇用ルールによっては、給与の減額を受ける可能性があります。

しかし、故意にまたは悪意をもって会社の鍵を紛失した場合や、重大な過失を犯したと言われていない場合を除き、急激な支払いの減少はあまりないようです。

しかし、「告知」や「アポクリファ」などの処分を受ける可能性があります。

2:罰

職場の就業規則によっては、会社の鍵が失われた場合、給与の減額を受ける可能性があります。

ただし、この場合、給与の減額処分に加えて、故意または悪意のある意思で失われたり、重大な過失を犯したりしない限り、急激な支払いの減額はあまりないようです。

しかし、「告知」や「アポクリファ」などの処分を受ける可能性があります。

3:責任責任

従業員は、経済的に損害を与え、私はそれを避けたいので、会社の鍵を失うと損害賠償責任があります。

ただし、一般的な会社の雇用規制には、「故意または重大な過失によって会社に損害を与えた場合、損害の全部または一部を損害する可能性がある」という内容が含まれています

沢山あります。

したがって、会社の鍵を紛失した場合、責任を問われることがあります。

一方、従業員が会社の鍵を失うという過失は、要するに会社の過失です。

これは「ユーザーの責任」です。

したがって、責任を問われても、最低限の金額しか支払わないことが多いと言われています。

会社の鍵が紛失したり、鍵が高価な場合は、交換手数料として “何十万円もの会社から請求された”という話が聞こえるかもしれません。

そのような場合、私は何をすべきですか?

「不公平な請求」に該当する可能性があるので、最初に労働基準監督署に相談しましょう。

まとめ

私はこれまでのところ、会社の鍵がなくなり、処分の内容について対処する方法について紹介していましたが、どうでしたか?

あなたの自宅や車のキーを失うこととあなたの会社のキーを失うことに対処する方法は異なります。

さまざまな「個人情報・持ち出し禁止・秘密の機密保持」など、重要な項目が企業内に保管されているため、会社の鍵を紛失した場合は速やかに報告し、対応する

それは重要です。

会社の鍵の紛失や故障などのトラブルは一度もありませんでしたが、鍵を修理または交換する必要がある場合は、信頼できる販売店に相談し、見積もりをすることをおすすめします。

関連記事

ページの先頭へ