ハイセキュリティキーの合鍵は取り寄せになることが多くあります

私は私のマスターキーを失った!

その場合、引き続きキーを使用します。

キーボードからキーを作りたい人がいるかもしれません。「キーの組み合わせだけでは不安です…」。

確かに鍵を開くことはできますが、鍵から鍵の鍵を作ることの欠点を知っていますか?

キーからキーを作成すると予期しない問題が発生する可能性があります。

ある日、私は家から出ました!

状況を避けたい人。

どのようにして鍵となる問題を防ぐことができますか?

この問題では、マッチングキーからキーキーを作成する方法について説明します。

キーからキーを作成することは可能ですか?

鍵から鍵を作ることはできますか?

結論として、できないことやできないことがあります。

代表的な例がここにあります。

– 可能なタイプ

ディスクシリンダキー

ピンシリンダキー

回転シリンダーキー

– 不可能な種類

ディンプルキー

イモビライザーキー

カードキー

レプリケート可能なキーについて

多くの人が可能な3つのキータイプを聞くことはできません。

キーを開くメカニズムは少し異なりますが、これらのシリンダーキーは、ギザギザタイプのキーでキーを簡単に複製できます。

古いアパートなどでは、このシリンダーキーがよく使用されます。

また、鍵屋の鍵を簡単に複製することができ、約5分でそれを行うことができます。

ただし、一致するキーから一致するキーを作成すると、新しいキーの形状が徐々に変化するので、何度も複製すると、キーを入れても変更されないことがあります。

シリンダーキーは自宅のセンターでもキーキーを生成することができますが、複製しても使用できないように注意してください。特にこのようなプロのディーラーでない場合は注意してください。

コピーできないキーについて

同様に、シリンダーキーと形状が類似しているディンプルキーは、機構が異なるため、重複はほとんどありません。

ディンプルキーは、キーが挿入されている部分に凹部があるキーです。

このキーはシリンダーキーより精密であるため、小さなエラーでも使用することはできません。

純粋なキーからのみキーキーを作成することは不可能です。

イモビライザーキーとカードキーでは、キーの複製を扱うのはメーカーであるため、一致するキーからキーキーを作成することはほとんど不可能です。

キーの組み合わせによるキーの作成を防止するための対策

キーを複製することが困難なイモビライザーキーまたはカードキーがあっても、時間がかかることがありますが、スペアキーを作ることができます。

キーを修理する専門のスペシャリストに相談し、予備のキーを早期に作成してください。

キーを作成する際の注意事項

移動するときは、最初の日にできるだけ早く鍵を作ってみましょう。

キーを作るときに重要なマスターキーを慎重に保ちましょう。

新しいキーの組み合わせを作成するときは、マスターキーからキーを作成しましょう。

レンタルの場合、必ずしも家主がマスターキーを持っているとは限りません。

渡されたキーがマスターキーである可能性があるので、家賃のキーを複製するときに所有者または管理会社に確認してみましょう。

また、あまりにも多くのキーを作ってはいけません。

多くのキーは管理が難しく、盗難の可能性もあります。

必要なだけ鍵を作ってみましょう。

マスターキーとの混同も避けるため、一致するキーから一致するキーを作成するリスクも低下します。

レンタルでキーを作成する場合は、移動するたびに所有者または管理会社に返却してください。

キーを作るために必要なもの

ロックハウスやメーカーとロックキーを作る際にマスターキーと身分証明書を用意しましょう。

時にはIDカードは必要ありませんが、ロッカーに依頼して尋ねるように指示されることがありますので、覚えておきましょう。

キー重複の複製に必要な時間と経費は、キーのタイプによって異なります。

シリンダーキー

価格は約500円~1,000円で約5分です。

ディンプルキー

価格は約1,000円〜3,000円、約30分〜1時間かかります。

イモビライザーキーとカードキー

価格は約1万円で、数日から数週間かかります。

また、再生時に身分証明書が必要となります。

キーを複製する市場価格は、キーのタイプによって大きく異なります。

あなたの家がどのキーを押したかを記録しましょう。

まとめ

シリンダーキーでキーの組み合わせからキーキーを作るのは難しいですが、作ることができてもそれほど好ましくないようです。

キーを作成するときは、マスターキーからキーを作成する必要があります。

キーからキーを作成しないようにするには、マスターキーを保持することが重要です。

犯罪防止のために、カードキー、生体認証キーなどでキーを交換することをお勧めします。

キーの所持がないので、キーキーなどのトラブルになりにくい。

キーを電子キーに交換するときは、専門業者に相談してみましょう。

関連記事

ページの先頭へ