合鍵から合鍵を作ると後々の不具合につながります

恋人のための鍵を作って私に伝えてください…そういう憧れの状況になっても、鍵のコピーを作ることは簡単に非常に危険で非常に危険です!

今では犯罪のテクニックが巧妙かつ複雑になったため、キーの管理を怠ると深刻な事件に巻き込まれる可能性があります。

キーのコピーを作成する際に注意したい点がいくつかありますので、参考にしてください。

もう一度キーをコピーするときは注意してください!

あなただけが自分を守ることができます!

キーをコピーするのに必要な時間と時間

鍵のコピーを作ることを考えるときは、マスター鍵を手元に持っていればすぐに鍵を作ることができます。

鍵の種類によっては、身分証明書やその他の書類が必要になることがあります。

また、キーの精度が高く、防犯がしっかりしている限り、キーのコピーを作成する時間と費用は十分に多くなります。

ディスクシリンダロックの場合

どんなディーラーを作ることもOKです。

それは容易に受け入れられ、特に身分証明書の必要はない。

回転シリンダロックの場合

キーから作成を拒否する可能性があります。

受理された場合は、すぐにその場で受け取ることができます。

身分証明書が必要な場合がありますので、事前にお尋ねください。

カードキーの場合

私はほとんど受け入れられません。

したがって、ほとんどの場合、製造元から注文されます。

場合によっては、身分証明書が必要な場合もあります。

コピーを作成するコストと時間について

キーをコピーしようとすると、心配するには時間とコストがかかると思います。

それは実際にキーのコピーを実際に作るのにどれくらいの時間とコストがかかるかは、キーのタイプと製品によって異なります。

確認のために私どもに直接お問い合わせいただくことをお勧めします。

「[徹底した説明]時間、コスト、スペアキー作成の依頼人の紹介」では、各キータイプのコストと時間を要約しています。

確認してください。

キーの体系的なコピー

最初に、いつあなたは鍵のコピーを作成しますか?

私の子供が大きく成長したので、私はそれを持っていたい。

私はそれを恋人に渡したり、一緒に暮らしたい。

紛失したときに余裕を持たせたいなど様々な理由が考えられますが、スペアキーが1つあれば十分です。

あなたがそれを作るほど管理するのが難しくなり、紛失や盗難のリスクも高まります。

あなたが信頼できる人でなければ、その行為自体に鍵のコピーを作成して渡す危険があります。

キーのコピーを作成するときに、キーが本当に必要か、その番号のコピーが適切かどうかを検討するように計画しましょう。

キーコピーからコピーできないことがあります

常にマスターキーを使用しているキーはありますか?

それとも予備の鍵ですか?

メーカーの純正品、キーをドアに取り付ける際に引き渡される鍵、またはリース契約時に不動産業者や家主から引き渡される鍵がマスターキーです。

いくつかのケースでは、最初から鍵のコピーが与えられることがありますので、確認してから確認してください。いくつかの最先端の鍵を除いて、鍵は鍵番号とスタンプを持っています。

スペアキーは、マスターキーに基づいて新しく作成されたコピーバージョンです。

そのキーのコピーは、メーカーまたは番号で押印されていません。

キーのコピーを作成するときは、通常、どの店舗が持ち込まれたかにかかわらず、「キーマシン」と呼ばれる機械で金属板を切断して作成されます。

肉眼ではほとんど分かりませんが、切断時にはマスターキーとスペアキーの間に何らかの誤差が生まれます。

特に高精度の最新のキーであると、エラーが大きすぎると「別のキー」と認識され、使用できなくなり、キーホールの内部が
カストディもあります。

このようなリスクがあるため、キーのコピーからキーを作成するために店舗が減少しています。

店に持ち込む前に、鍵をコピーできるかどうかを事前に確認しましょう。

それができない場合は、マスターキーを持ってきてください。

正確なキーのコピーを作成するためにマスターキーを取得する

マスターキーの1つをどこかに保管し、毎日使用しないことをお勧めします。

あなたはそれを何年も使っていると、摩擦と摩耗によって少しずつ剃られ、鍵は変形します。

それでも使用できれば問題はありませんが、変形されたキーからキーのコピーを作成しようとすると、エラーが増える可能性があります。

通常、コピーを運ぶのが最善です!

移転や鍵交換の際に新しい鍵を取得する場合は、まずこの鍵がマスター鍵かどうかを不動産会社や家主に確認してみましょう。

マスターキーの場合は、キーを使用せずにキーを保持することをお勧めします。

私はマスターキーを紛失したり、盗まれたりするのはいつか分かりません。

そうしないためには、マスターキーを安全に保ち、盗難のない家に保管し、通常はキーのコピーを持ち歩かせてください。

不正なコピー防止のためにマスタキーの作成もお勧めします

上記の理由から、あなたは鍵のコピーからコピーを作成することができないかもしれません。

鍵のコピーを持ち歩くことによって、盗難や紛失の際に盗まれた鍵からの違法コピーを防止する役割もあります。

まとめ

私は突然、私の人生で鍵をコピーしたり、あまり深く考えることなくコピーを作成する必要性を経験したと思います。

「私は鍵を失ったが、余分な鍵がないので困っている!私は鍵のコピーを作る」知識なしで鍵のコピーを作るのは非常に危険です。

キーを紛失した場合、まずキーを開くことができます。

マスターキーを安全な場所に保管し、正しい方法でキーのコピーを作成し、緊急時にトラブルの準備をしてください。

鍵のコピーが心配な方は、躊躇しないでロッカーまたは鍵の製造元にご連絡ください。

関連記事

ページの先頭へ